So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

効率はもとめない、一つ一つを着実に

9月4日付の朝日新聞24ページに載った池澤夏樹氏の文章にうなった。
終わりと始まりという欄なのだが、まずは少し引用する。「まずは個人的な話。自分が老いたと思う。それが日々実感される。身体能力が少しずつ失われる。」

出だしが個人的な話とあるが、老人なりかけ(しっかり老人になっていても)が特に感じる現象だ。
ちょっと略して、そのあと、「我が血流は消化か歩行か思考かの一つにしか行かない。二つのタスクが同時に実行できない。(行かえ)足元がおぼつかない。駅の階段を下りる時は一歩ずつ決意して踏み出す。歩道のわずかな起伏に躓きかねない。長く坐っていたあとで立つとふらつく。万事ゆっくり。万事慎重。つまり愚図」

同感、同感。彼はほとんど私と同年齢。思うことはほとんどが共通しているようだ。

昔はこうだった、あれもできた、これもできた、と思わないようにするようになったのは、いつのころからだろう。今のモットーは、一つ一つを着実に、効率は求めない、動線は長くてもかまわない、長い分は運動だ、階段の上り下りもいとわない、それが今日の運動と考えればいいのだ、ということだ。

このパソコンを開くまでに、1階と2階を3往復した。まずは2階にあたったとき、3つの用事をするはずだった。一つは、買い物のレシート(カードで購入したレシート)を箱にしまうこと、2つ目は、ベランダに干した洗濯物を裏返しすること、3番目はパソコンでこの文章を書くこと、であった。1つ目と2つ目はクリアしたのだが、この文章を書くために必要とした池澤氏の記事の切り抜きを忘れている。再度往復した。そして、別にどうしても必要というのではないが、携帯の着信チェックをするためにもう一度階下に降り、携帯をとってきた。

14段の急な階段で、なるべく上り下りしないように、と人からは言われる。しかし、平たいところばかりでは、脚の筋肉も衰えるばかりだろう。だからこの階段もいとわないようにしている。
腰をかがめてする必要のあるお風呂やトイレの掃除は、リハビリ(別に病気後ではないが)と自分にいいきかせ、掃除後に腰を伸ばす運動をする。

こんなしみったれた文章は読みたくない、と自分でも思うが、池澤氏の文章の洒脱なこと。
ここにすべてを再現して、読んでいない人に紹介したいところだ。プロの文章というのか、池澤氏なりの文章なのか、ユーモアにあふれて、老いの状態がたのしいものになる。

74歳と2か月の彼は、来年は後期高齢者、その後は晩期高齢者で、やがては末期高齢者、と書いている。後期高齢者は行政用語かもしれないが、あとの2つは作語であろう。

1日1日、1時間1時間、若返ることはない。老いていくのだ。子供には老いていく、という表現は使わない。成長していく、という。いくつから老いていくというのだろう。

何をしてももう生産性と結びつかなくなってしまった。効率は求めず、一つ一つを自分の力で行うことえ、人の時間を使わないようにしているが、それもいつまでのことやら。

池澤氏の記事のタイトルは「老いては若きに席を譲ろう」だが、この席は電車の席ではあってほしくない。いつからかは知らないが、電車にのればすぐに座りたいと思ってしまうようになった。
ほかのところではもうとっくに譲っている。
nice!(0)  コメント(0) 

3歳から義務教育

フランスではこの9月の新学年スタート時から、義務教育開始年が3歳からになるのだそうだ。
フランスの教育の大原則、「教育の自由」(公教育、私立教育機関の両立)、「義務教育」、「非宗教性」、「無償である」そして「資格を与える権利は国に帰属する」
のなかの「義務教育」の年数が、6-16歳から3-16歳に変更になったのだ。

これまではどうだったのか、といえば、6歳からであれば、小学校からのスタートだが、3歳となれば、幼稚園だったり、保育園だったりするのだろうか。
小学校入学までの教育、保育は、フランスでは幼稚園(Ecole maternelle)、保育園(Creche)、託児所(Halte garderie)、または保育ママさんなどにゆだねられていた。
これから、これらの機関をどう統一させていくのか、まだ情報を得ていない。

ほとんどの児童が3歳くらいから、なんらかの教育機関に所属しているという統計があったから、それを義務教育としても、無償化という制度に組み込まれたメリットが加わるだけかもしれない。

義務となれば、通園しなければならない、ということで、これは教育の平等化に効果大であろう。
3歳からフランス語の教育に無償で接することができるのだ。
両親が外国人で、家庭では外国語であっても、幼稚園などでフランス語に接するとなると、習得できることになる。

教育者でもないので、3歳からの義務教育といわれても、実際には幼稚園などでの教育が続行するのだろう、つまりは遊びと勉強がまじりあった形、なのだろうが、なんだか急に3歳児がランドセルをしょって、というような図を想像してしまうのだ。

日本では、小学校、中学校が義務教育と言われるが、年齢ではどうなのだろうか。

今回、フランスでは義務教育にあたる言葉も、instruction obigatoireからobligation scolaireと変わったのだそうだ。
nice!(1)  コメント(0) 

私は嫌韓ではありません

韓国と日本の関係は、戦後最悪の状態なのだそうだ。
韓国では日本の製品を買わない運動とか、日本を嫌っているということを誇示する、そういった行動が目立っているという。
これはメディアに紹介されているから、そうらしい、というだけで、実際に私がみたわけではない。

日本でも、アンケートをとると、韓国きらい、という人が増えているのだとか。

その結果が、日韓の間に多く開設された航空路が、便の減数とか、廃便といった形になっているらしい。

私は韓国は1度行ったことがある。仁川に到着、ソウルに数日滞在した。
この旅行については、別にとてもよかったとか、印象が悪いということはない。それより、アメリカの同時テロに丁度帰国の日があってしまい(帰国前日、ニュースをみた)、仁川の空港が人気がなく、つれあいと私の便は運行されたけれど、あのシーンとした空港の風景が思い出されるのだった。

むしろ、韓国の人に好意を持っている、といえるのだが、それには2つのことがある。
一つは、アフリカに初めてつれあいと赴任したとき、韓国の人に大変親切にしていただいた。
つれあいは着くと同時に仕事は始まったのだが、初めて招待されたのが韓国の方であった。
本当にプライヴェートな食事会です、と日本人はつれあいと私、あとは皆さん、韓国の方であった。
女性陣がとても私に気を使って下さり、ここは物資を求めるのも大変なところですから、何か必要なものがあったら、是非おっしゃってください、というご親切には、西も東もわからない私にとって、大変な救いのことばだった。
また、日本と韓国は兄弟みたいなもの、お兄さんの国と思っています、とリーダーの男性が言われたのはとても印象的だった。

その後も、ゴルフにお誘いいだただいたり、時にキムチが届いたり、さりげない親切にどんなに救われたか、今でも暖かい気持ちになる。

結局、赴任国の内乱で、日本に一時引き揚げ、現地に戻ったときには、彼らも自国に引き上げたままで、そのあと戻ってこられることはなかった。
それからの交流はないが、彼らのご親切は忘れられない。

もう一つは、妹みたいな韓国女性の存在だ。生真面目で、それでもユーモアたっぷり、人情に厚く、知性に富んだ人である。
フランス語という共通因子で知り合ったのだが、我々の会話は日本語、とても彼女の前でフランス語では話せなかった。

あまりに真面目で、他人を疑うことをしないので、裏切られたりもあるようで、つらいときもあるようだが、ポジティヴでいる態度は、年下ながら、わが模範でもある。

私にとってはこの2つのことで十分だ。毎日、あふれるような日韓関係の報道を、なんでこうなるのだろう、と哀しく思いながらみている。
nice!(1)  コメント(0) 

私は何をすべきでしょう

ブラジル(ボリビアも)のアマゾン火災のニュースに心痛めている。
まずはフランスのニュースから、そしてBBC,ドイツ、スペインのニュースで見、アメリカABCで放送のあと、ようやく日本でもニュースになった。

桁違いの森林火災である。南仏やスペインなどの夏の森林火災はほとんど毎年のことで、それはそれで自然破壊を心配するのだが、アマゾンの火災、焼失面積を聞くと、地球滅亡への一歩どころか100歩ではないか、と思ってしまう。
アマゾンの森林で、地球の酸素の20%を供給しているのだとか。

急に息苦しさを覚えてしまった。そして、わが庭の木々の伐採をすべきではなかったのかも、と急に悔やんでみたりする。
森林浴のありがたみは毎日感じる。毎朝、寝室のベランダに出て、深呼吸。真冬にその冷たい空気が肺を満たすとき、実際はこれは危険なのだろうが、ああ、生きている!と実感するのだ。
そして、陽が沈んだあと、急に木々の香りが立ってくる。

今、庭が裸になったわけではないが、森林浴には人の丈の2倍の高さの木が茂っていることが必要だ。
木を切ったあとで、残った苗木程度の木々に、早く大きくなれ、と理屈にあわないことを言っている。

あのグレタ トゥーンベリという女の子、女の子というのが失礼なほどの立派な行動だ。
国連に招かれて、飛行機ではなく、ヨットで大西洋横断している。20日もかけてだ。
感心するけれど、9月の九州行きを飛行機から鉄道に変えようという気にはなれない。

プラスティックごみを出さない、なるべく、ということばを付けてだが、努力はしている。倹約もあって、電気はこまめに消している、そんな小さなことには心を砕いているけれど、飛行機という交通手段については決断できない。

16歳の若い人に教えられ、何ができるのか、懸命に考えている日々である。
nice!(0)  コメント(0) 

高額療養費支給申請のお知らせ

先日、役場から「高額療養費支給申請のお知らせ」なるはがきが届いた。
対象となる可能性のあるつれあいは、もう2年以上前に亡くなった。ということは私が対象だ。

対象となるような大病はしていない。はがきをひらいてみると、6月に受診したものが対象になっている。

6月は体調が悪かった。咳がとまらず、鼻やのどの不調で、ティッシュの消費が半端ではないかった。
耳鼻咽喉科と内科を受診した。

でも、普通の受診だと思っていた。レントゲンの検査や血液検査も受けたけれど、さして高額と意識はしなかった。
高額療養費というのは、つれあいのように、長年患って、定期的に病院へ行き、そのたびに検査を幾種類もうけなければならない人が対象だと思っていたのだ。そして、それは申請して、ようやく受け取れるのだと。

このはがきでは、6月に受診した医療機関での領収書を持参して申請してください、とある。どんなものかはわからないが、領収書はちゃんと保存しているので、特別問題はない。

わが役場はとても親切だ。大都市の役所と違い、待たされるということもない。
必要な書類を渡し、しばらく待っていると、これだけの金額が支給されます、と知らせてくれる。
いいのだろうか、と思いもするが、それなりに一応、健康保険料は払っている。

つれあいの闘病で学んだことがある。それがすべてに正しいとは言えないとわかっているが、こうして、高額療養費が支給されることによって、別に私的な医療保険には加入の要がない、ということだ。

つれあいの場合、国の指定難病であったので、もともと医療費はそんなに高額ではなかった。結局、私的な医療保険からは入院費の払い戻しがあったけれど、それは実際に払った金額より大きかったけれど、日数に制限があったり、いろんな制約があって、すべての療養費をカバーするものではなかった。

保険の種類が違うことはわかっているけれど、宣伝されるほどに療養費がカバーされるのではない、という実態がある。
国のこの制度は、むこうで支払いの金額をチェックして、申請を促してくれる、という点で大変たすかる。

毎月の医療出費を指摘もされ、うるさいな、と思ったりするけれど、今回はありがたいお知らせだった。


nice!(0)  コメント(0) 

やっぱりマイアミ、2020年のサミット

サミット会議の提唱国フランス、そこから始まって、順繰りに7か国をまわって開催される。1975年にランブイエで始まった時、次の開催はアメリカで、となり、たしかプエルトリコで開催されたように記憶している。

この順番でいけば、フランスの次はアメリカ、マクロン大統領と次回開催国であるアメリカのトランプ大統領が共同で記者会見をしたのも別に不思議ではない。

開催国でもないのに、勝手気ままに行動するトランプ大統領、自国で開催となれば、ずいぶん自分勝手な設定をしそうだ、と思っていたが、やっぱりそうだ。候補地として、自分の別荘や、親族経営のホテルなどがあるマイアミをあげている。

これにいつ?という疑問符もつく。来年は大統領選挙の年、もう再選のためにやっきになっているから、このサミットをそのために使わないわけがない。
大統領選挙は秋だ。彼は共和党の候補となることには問題ないだろう。
とすれば、民主党候補との選挙戦本番か、民主党の候補者が決まりそうなときなどに、サミットをもってくる可能性もあるだろう。

そもそもサミットは、西側のメインの国々が、政治的には、対ソ、あるいは対コミュニズムのために集まったことに始まっている。最初は経済問題だけと言っていたけれど、2回目のアメリカから政治問題もいれて、となっていたと記憶する。

アメリカとカナダ、日本を除けばあとの4か国はヨーロッパの国、クリミアの併合をしたロシアを許せるわけはないのだが、トランプにとっては彼岸の問題だ。

45回目のサミット、この間に世界の歴史は大変化した。当時のソビエト連邦は分裂、NATOに対抗するワルシャワ条約加盟国だったポーランドも、バルト3国も、いまやEUのメンバー国になっている。

対立の構図は変わったし、経済的な力も変化している。G7が変わらないでいいはずがない。

友人の一人は、NATOなんてなくったっていいんですよ、トランプのいうことにも理はありますよ、という。
最後の世界大戦は、アメリカの参戦が大きな力となって、戦局を決めたけれど、あの規模の大戦があれば、地球は滅びる時代、軍拡をしても無駄だ、と言いながら、今や軍縮から軍拡へと舵をきられている。

どの国も基本方針は自国ファーストなのだろうが、ブラジル、アマゾンの火事をみていても、やっぱりグローバルに考えていく首脳会議というのは必要なのかもしれないな、と思っている。ただし、ちゃんとした首脳たちであることが最低の条件ではあるけれど。
nice!(0)  コメント(0) 

サミットに思う

今年のサミットは、主催国がフランス、大西洋岸のビアリッツで行われるそうだ。つまり、ビアリッツサミットと呼ばれることになるのだろう。

最初のサミットがフランスだった。1975年、当時のフランス大統領ジスカールデスタンが、オイルショックなどで混乱した世界経済を鎮静しようと、先進国の首脳に、首脳会議を呼びかけたのだ。
その最初のサミットは、1975年、11月15-17日、パリの郊外、ランブイエ城を会場として行われた。

フランス語でConference au Sommet、つまり頂上会議となるのだが、これをどう翻訳すればいいのか、初めてのことだから、定訳なるものをどうするか、いろいろあったが、日本のプレスは、サミットとよび、これが定着した。

最初は、政治問題は扱わない、とか、首脳のみの、それこそお城の暖炉のまわりに集まっての会議みたいな形をとりたい、というジスカールデスタン大統領の希望だったが、回を重ねるたびに、事務方の準備が大がかりになって、今や、集まる前に首脳の宣言の内容は決まっているらしい。

ただし、今回はマクロン大統領が、首脳宣言は発表しない、と予め言っているそうだ。

フランスの場合、最初がランブイエ、次にまわってきたときは、ヴェルサイユ、アルシュ(パリ近郊のデファンス地区)リヨン、エヴィアン、ドーヴィル、そして今回のビアリッツとなる。

連日、F2では、ビアリッツの警戒態勢を扱っているけれど、夏休み中の観光地ときているから、厳しい警戒に文句をつける人も多いようだ。

年に1回、主要国、といってもイタリアが最初から入っているのが主要国の解釈をおかしくしているのだが、の首脳が顔をつきあわせて話し合うのは意義があるのかもしれないが、
nice!(0)  コメント(0) 

ベランダ修理工事終了

突然始まった工事は、終わりも突然だ。
今朝、小雨の中、8時すぎに車が止まる。ペンキ屋さん?と聞くと、そうです、これからペンキ塗ります、という。雨のなかでも塗れるの?と聞くと、このくらいならできます、という。
ペンキをぬらなければならないところは、屋根の下だから、直接濡れるわけではない。


10日から18日までの工事自粛期間(この期間の設定はわが別荘地管理事務所が設定したもの)を終えて、19日に現れると思っていた大工さんは、結局21日朝に現れ、残っていた部分をさっさとすませ、これで私の仕事は終了、と宣言して去っていった。
ペンキ塗りは?と聞くと、ペンキ屋さんがきます、という。

分業であることはわかっているが、どういう連絡がなされ、我が家の工事がどう進行していくのか、私への説明はない。
時折、会長さんと呼ばれている棟梁が現れるのだが、ふんふん、と工事の進行をチェックはするのがだ、進行状況、予定などの説明はないままに去っていく。

今日は軽井沢へ出かける用事があったので、ペンキ屋さんの仕事を見届けることなく留守にした。
かえって来るともう足場も片付いている。白木であった部分は、こげ茶のペンキが全部ぬられて、ペンキ屋さんは無事、仕事を終えて帰ったらしい。
午後、雨の中、解体された足場が、別の業者によって撤去された。

おそらく、次は会長さんが請求書をもってみえるのだろう。その内容は工事一式で終わりかもしれない。

ベランダの横板の幅違いという問題があって、修理をしない部分との違いはやっぱりおかしい、と同じ幅の木材を手当てしてもらい、大工さんにとっては、余分な仕事となった。
その木材は、工務店側の負担となったけれど、部品代などが明細としてはいっていなければわからない。

悪く言えば魑魅魍魎ともなるが、ここの工事はみつくろいだ。

次には、いつ始めてもらえるかわからないが、階下の和室2部屋、フローリングに変えるという工事も依頼している。
これについては、フローリングの素材、あるいは工期、もっと詳細に詰めることができるように、と望んでいるのだが。

nice!(0)  コメント(0) 

ベランダ修理工事終了

突然始まった工事は、終わりも突然だ。
今朝、小雨の中、8時すぎに車が止まる。ペンキ屋さん?と聞くと、そうです、これからペンキ塗ります、という。雨のなかでも塗れるの?と聞くと、このくらいならできます、という。
ペンキをぬらなければならないところは、屋根の下だから、直接濡れるわけではない。


10日から18日までの工事自粛期間(この期間の設定はわが別荘地管理事務所が設定したもの)を終えて、19日に現れると思っていた大工さんは、結局21日朝に現れ、残っていた部分をさっさとすませ、これで私の仕事は終了、と宣言して去っていった。
ペンキ塗りは?と聞くと、ペンキ屋さんがきます、という。

分業であることはわかっているが、どういう連絡がなされ、我が家の工事がどう進行していくのか、私への説明はない。
時折、会長さんと呼ばれている棟梁が現れるのだが、ふんふん、と工事の進行をチェックはするのがだ、進行状況、予定などの説明はないままに去っていく。

今日は軽井沢へ出かける用事があったので、ペンキ屋さんの仕事を見届けることなく留守にした。
かえって来るともう足場も片付いている。白木であった部分は、こげ茶のペンキが全部ぬられて、ペンキ屋さんは無事、仕事を終えて帰ったらしい。
午後、雨の中、解体された足場が、別の業者によって撤去された。

おそらく、次は会長さんが請求書をもってみえるのだろう。その内容は工事一式で終わりかもしれない。

ベランダの横板の幅違いという問題があって、修理をしない部分との違いはやっぱりおかしい、と同じ幅の木材を手当てしてもらい、大工さんにとっては、余分な仕事となった。
その木材は、工務店側の負担となったけれど、部品代などが明細としてはいっていなければわからない。

悪く言えば魑魅魍魎ともなるが、ここの工事はみつくろいだ。

次には、いつ始めてもらえるかわからないが、階下の和室2部屋、フローリングに変えるという工事も依頼している。
これについては、フローリングの素材、あるいは工期、もっと詳細に詰めることができるように、と望んでいるのだが。

nice!(0)  コメント(0) 

それではいけません

SOSを出せば、できうる限り早くに駆けつけてくれる若い友人が言った。
お手伝いするのにやぶさかではありませんが、まだ人を頼るのは早すぎると思いますよ、と。

彼女が言うには、肉体的、物理的(金銭はからまない)な問題には、協力・お手伝いをするのはやぶさかではないけれど、こと、頭を使うことなら、少し、自分で努力してみてはいかがですか、毎日、新聞は読んでいるのだから、まだ文字は読み、理解できるでしょう、取り扱い説明書などを読んで、自分で解決しようとまずはやってみては?ということだ。

おっしゃる通りだ。しかし、ずっと昔から取り扱い説明書は読まずに、人に説明してもらう、というやり方にどっぷりつかっていた。
取り扱い説明書は日本語であるとは思っていないこともある。

それにしても、つれあいは偉かった。私に比べて、という意味だが、赴任地ではそこの言語での取り扱い説明書になるのだが、一生懸命取り組んでいた。
それに比べて、母国語でもダメな人間の私は、傍で辞書をひくという程度の手伝いしかできなかった。

肉体的な機能低下については、友人が認めている。脚立などには絶対乗らないで、と言われ、それに従っている。
文字によるものは、自分で解決を図るべきなのだろうか。

つれあいが亡くなって2年半、ビデオを見ることなく、録画をすることなく、ただテレビとして見るだけにとどめていたのを、信じられない、と友人は言う。
スマホにしても、ガラ系以下の機能しか使わない、なんともったいない、と言われっぱなしだ。

それではいけません、と何度いわれたことか。しかし、脳のキャパシティーも確実に落ちている。


nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -